トップメッセージ

フォルダ

代表取締役会長 岩本  博 Hiroshi Iwamoto

代表取締役会長 岩本  博 Hiroshi Iwamoto

代表取締役社長 渋谷守浩 Morihiro Shibutani

代表取締役社長 渋谷守浩 Morihiro Shibutani

President message

業界の常識にとらわれない、マルチスタイルの都市型ブライダルオペレーターをめざす。

  1. 01【人財戦略】 時代が変わっても、「人の力」は変わらない。
人財育成は、事業目的でもある。

    最新の建物(ハード)を莫大なコストをかけてつくり、お客様を集める。これがここ数年の業界のトレンドでした。その一方で、建物は普通でも、スタッフの力でお客様を集めている会場もありました。 私が、リクルートで「ゼクシィ」の営業責任者を務めていたころに出会った両方のビジネス手法。Concept 01「ハードの力」か、「人の力」か。ハードにかけたコストは流行が廃れれば無駄になりますが、スタッフの能力は普遍的なものです。いつの時代でも、一流の人財が、一流のサービスを提供する。この構図は変わりません。だから、当社は人財育成に大きな投資をします。極端に言えばどんな業界でも通用するような人財の育成が、エスクリの事業のひとつであると考えています。

  2. 02 【出店戦略】アクセス性を優先し、マルチスタイルで出店する。
だから、マーケット全体を狙える。

    これまで、当社のような新興のブライダルオペレーション企業といえば、「ゲストハウス」がメインでした。しかし市場全体を見れば、「ゲストハウス」の占有率は約20%、3000億円程度。 私たちはその狭い市場で競争するのではなく、1兆4400億円の市場全体で可能性を追求するために、すべてのジャンルで出店しています。立地にもこだわります。 Concept 02 約7割のお客様が交通の便を重視しているというデータもあり、大都市であれば、少子化による人口減の影響も少ない。ターミナル駅の近くには広いスペースがほとんど残っていませんが、そこは逆転の発想で、居抜きやテナントとしてその場所・空間にあったジャンルで出店すればいい。複合ビルに入るレストラン、再生型のホテルなど、様々な形態に対応できます。

  3. 03 【サービス戦略】ワンストップの体制を整え、
お客様にVIPのサービスを提供したい。

    この業界、ドレスやフラワーコーディネート、ヘアメイクなどのサービスを外部の会社に委託するというのは常識です。しかし、お客様にとっては、同じ要望を何度も伝えなければならないことになる。 一生に一度の結婚式、決して安くないお金をお支払いいただいているお客様に対して、そんなサービスでいいのでしょうか。 真剣にお客様のことを考えれば、自社でのワンストップ・サービスがベスト。 Concept 03 つまり、プランナーにひとこと伝えれば、思い通りのサービスが受けられるような、VIPクラスのサービスを実現したいと考えています。これにより満足度を高め、客単価や利益率の向上にもつながっていきます。バンケットのサービスも同様です、アルバイトも自社で雇用し責任を持って育成していきたい。すべての根本に「人財の力」があるのが、エスクリの強みです。

Page Top